Monthly Archives:10月 2012

ロシア政府寄贈の猫が、成田動物検疫所に係留。

yoshimoto post on 10月 14th, 2012
Posted in 日々の出来事

 

政府絡みの動物でも、ちゃんと手続きができていないと「動物検疫所に係留」されるんですよ。

9月8日に、「ロシアのプーチン大統領から、秋田県知事に贈られることになっている「写真の『シベリア猫』(シベリア原産:長毛種「サイベリアン」の雄)」が、日本に運ばれたものの、成田空港動物検疫所で係留された。」という事がありました。
(詳細は→http://www.asahi.com/international/update/0907/TKY201209070740.html

『東日本大震災時のロシア政府の支援に対する感謝の印』として、7月に秋田県知事がプーチン大統領に「秋田犬」を贈呈。 その返礼に、プーチン大統領が『シベリア猫』を贈ることになったそうです。
ロシア側は当初、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で予定されているプーチン大統領と野田首相の会談に合わせて、秋田県知事に猫を送り届ける予定だった。との事。

ロシア政府は、「日本の動物検疫手続き」の解釈を間違えたのでしょう? 大切な日に届かなくて残念でしたね。

ロシア政府さん・・・・ 一言、私に言ってくれたら、期日通りスムーズに秋田県知事のところに届けたのに。 
きっちり検疫手続きをしていないと、政府関係でも、しっかり係留されてしまうのですよ
 
                ↓ この猫ちゃんです。

:~おまけ情報~: 
検疫所に係留されると、飼主が係留費用を支払います。 
今回、1日 3,000円の管理費は、ロシア側が支払うそうです。
ちなみに、「幅1.3m×高2m×奥行2m」の広さの部屋で、1匹で過ごしているそうです。 

せっかくの素晴らしい事が、何ともお粗末な結果となってしまいましたね。 
この猫ちゃんが、早く秋田県知事の所に届けられます様に~!(もう届けられたかな~?)